自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】家庭の作り方 0518


家族の関係やあり方に取り組んでも家庭はいい影響を受けないことがある。家庭は家庭として作らなければならない。家庭は生活基盤であり土台になる。どのような空間に、どんなふうに住むか?ということを作らなければならない。各個人の個性に合いながら、家庭にいるメンバー(ペットも含む)が心地よく、安心安全であり、小さなストレスが排除された状態が必要になる。
そのために家具は何か、ルールは何か、配置は良いのか、ご飯は共に食べるのかそうでないのか、どのくらい掃除をするのか、が作られる。家庭は参加メンバーで作る。
必ずしも温かいイメージや和気藹々とした食卓が必要なわけではない。必ずメンバーの心地よいあり方を探る。

トップに戻るボタン