自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】家族が多様化する 0515


これまで結婚の付属物であり、むしろ家族を目的に結婚していた文化的な風潮は緩やかに下降線をたどる。結婚と家族は分離しはじめている。結婚していなくても家族があり、別の結婚をしても元の家族がある、というような状態が可能になる。
家族は必ずしもひとつしかないわけではなく、家族のメンバーが必ずしも血縁であるわけでもなくなる。それぞれのケースで、それぞれの家族のあり方が問われるので、今の現実で通用している家族の概念は適用できなくなり、自分で新しい考え方を作っていかなければならなくなる。
ただし、これが家族間の愛情を削ることにはならない。むしろ深めるケースもよく出てくる。

トップに戻るボタン