自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】審判者の力 0685


「アウトサイド」1話目はここから

審判者に与えられている特殊な力は3つある。ひとつは時間や場所を超えて、聞くべき人の近くに自分を存在させることができること。ふたつ目はよき人生を過ごした者に接するときは白に近いグレーをしている服が、悪しき人生になればなるほど黒に近づいたグレーをすること。そして最後が、調査した結果を当人に伝えると、伝えられた者は抵抗なくその事実を受け止めること。これはマインドコントロールのようだが、事実が事実である以上、審判を目の前にして認めなければ話が通らない。つまりうまく死ねずに霊魂がさまようことになる。
林が伝えたことは野間良枝の胸にすっと入って完全な理解を促した。否定して正当化することは何人にもできない。審判者とはそういう存在なのだから。
その後葛藤と苦しみがやってくるのだ。

月々3000円 会員サービス

トップに戻るボタン