自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】対立マネジメント 0797

TOPの考える成果と、事業のなされるべき成果が異なることがある。矛盾を抱えることもあるし対立することもある。
その不安定な状況で自分が貢献できることは何か?そこには参加せず通常業務を回すことか、介入して調整することか、終止符を打つことか、TOPを教育することか、意見を述べることか。自分ができる貢献をマネジメントの状況に応じて考える。
自分の仕事を阻害されて腹が立つだけなのであれば、すでに組織に飼われている犬でしかない。餌が来ないことに苛立っている。

月々3000円 会員サービス

前話: 【千式】成果マネジメント 0796

次話: 【千式】地味な者 0798

トップに戻るボタン