自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】寿命と流れを知る 0505


出現しやすい未来の方向に、ちょっと手をかけてやる。先駆も未来の作り方もイノベーターなら誰もがこれをやる。ビジネスマンが売れやすいマーケットで売るのと同じことをする。政治家が当選しやすい選挙区から出馬するのと同じことをする。

出現する未来を扱うためには、今どのような物事が老人となりまさに死にかけているのか?を知る必要がある。通用しなくなったもの。人の離脱が始まっているもの。そのスタンダードが生まれてから今までどのような道を歩み、現状どうなっているか?すぐ死ぬのか、それともあと50年は生き残っておかしくないのか。

クラッシックからはじまった音楽は、現代でも名前を残す有名な作曲家を経て、次々と創造され、技術面からポップスが生まれたり、社会面からジャズが生まれたりした。そうして現代の音楽につながる流れがある。誰も次はこのジャンルの音楽を生み出そうと思って作ってはいない。そのジャンルの音楽が採用される条件が整うことで未来が出現する。
この現実と現象を知っておかなければならない。

トップに戻るボタン