自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】居場所と人 0258

高校のとき、なんで自分は高校にいるのかさっぱり意味がわからなかった。クズな大人、つまり教師。人間的に終わっていたし、将来絶対に役立たないと決まっている勉強。心の真実に従わない同い年の者共。なんだここは?地獄か?と思っていた。やめるのどうのとあったが、結局いろいろあって最後まで行くことにした。今振り返ってもなにひとつ役になど立っていない。
自分の居場所を心の真実は求める。少なくとも自分の居場所ではないところを拒絶する。自分がいるべき場所は探し続ける。ところがこれも妥協する人が多い。誰もが30回は引っ越すべきだと思う。
誰と一緒にいるのか?ということも心の真実に組み込まれている。それも探し続ける。一生やり続けることになる。

前話: 【千式】殺してもいいか 0257

次話: 【千式】答えがないとき 0259

トップに戻るボタン