自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】弱者は依存する 0006


心が強いということは、表面上は動じず流されないことをいう。動じず流されなければ「素直」であり、かつ「軸」をぶらさずにいられる。素直と軸を両立できる。
心が強い者は、弱いものを引き上げようとしたり、守ろうとしてはならない。心は自分のものであり、自分をどのように生かすかの土台になる。人は関係ない。
心が強いくせに弱いものにかまっているということは、「自分はもう強いからいいもんね。これ以上やらなくても。そして意義のあることをやってるし、慕われてるもんね」と言っている。発展のカケラもない。
そして多くの場合で弱者に依存を生み、それに気がつかない。

トップに戻るボタン