自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】強い標準値 0727

標準値にも強いものと弱いものがある。日本の車メーカーは両手の数しかないが、強い企業と弱い企業がある。未来を出現させることをしているなら、最初から強い標準値を作るつもりでいる必要がある。強い標準値とは何か?・・・からなされるべきことをなされるように満たす。強い標準値になる道筋が作られなければならない。
実際に強くなるか弱くなるかはわからない。多くの人の傾向、時代背景、社会文化、などにも影響される。例えば日本では個を生かすという考え方は根付かない。集団の文化と歴史がある。そういう未来は出現しない。だがそれにトライするなら(するのだが)、集団を生かす個と、個を生かした集団を軸にする必要がある。それなら標準値になり得る可能性がある。

月々3000円 会員サービス

前話: 【千式】1歩目2歩目 0726

次話: 【千式】マインド 0728

トップに戻るボタン