自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】心が美しいとは? 0068

心が美しいというのは思いやりや感動ではない。ダイヤモンドのように簡単にはポキリと折れない軸を持ち、自分も人もどちらも同価値で自分のものにできる素直さを兼ね備えている者が美しい。
内面の美しさというのは一点の曇りもないピュアなものではない。一点の曇りもなくなるように磨いてきたものだ。清濁があり、濃淡があるものを、自分自身として磨き消化したものが美しい。
精神力を完璧にしてきた者が心が美しい者だ。

前話: 【千式】できないものを完璧にする 0067

次話: 【千式】外見が美しいとは? 0069

トップに戻るボタン