自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】心の存在理解 0469

心のつながりが合う理解というのは、相手の存在そのものを認め、存在軸を理解しており、その支えになったり寄り添い合えることをいう。自分も相手をそのように理解し心でつながる。
心の存在理解は人を安心させ、信頼させ、自信を持たせ、揺るぎない存在軸を元に進めさせる。この理解者がいなければ自分で自分を支えながらやるほかないが、それは心のつながりがある人がいる場合よりもはるかに弱い。
自分の存在軸を生かすためにはそれを理解する「他人の存在」が必ず必要になる。他人の存在が自分の存在軸と存在系を支える。理解が薄ければその分存在も薄くなる。

前話: 【千式】存在連合軍 0468

次話: 【千式】気の存在理解 0470

トップに戻るボタン