自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】恭子の本音 0681


「アウトサイド」1話目はここから

良枝と正也の長女、恭子は23のときに林と名乗るグレーのスーツが似合う男性にバー会っている。恭子には恭子のいろいろがあり、ついこれまで誰にも話したことがない本音をこぼしてしまった。お酒の力といってしまえばそれまでだが、林には何か心を開かせるものがあったような気がする。
「母は私のことをいい子だと思っているけど、それは私をいい子ちゃんにしておきたいからなんです。すごく小さな頃は記憶がないけど、物心ついて甘えたかったときには弟が生まれたし、後から聞いた話だと父の会社が倒産して大変だったって。子供ながらに甘えちゃいけないと思ったし、どこかで母がわかってくれることを諦めて本音を言わなくなったんです」

比較メインサイドストーリー 倒産 0666 

トップに戻るボタン