自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】感情に精通している 0132

感情は単なるセンサーでしかないが、人の状態をいいようにも悪いようにも扱う。相手の感情がどのような時に、なぜ発生するのか、結果どうなるのかを知っておかなければ人を理解できない。
同じように相手の五感感覚の程度を知らなければ相手を理解できない。濃い味を好んで食べる人は味覚が鈍る。味覚が鈍った世界では何がどのようにつながり、どうなるのか理解しなければならない。
相手を知るには感情と感覚に踏み込まなければならない。

前話: 【千式】感性でも理解する 0131

次話: 【千式】長い理解 0133

トップに戻るボタン