自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】感情は無駄 0052

ほとんどの場合で感情は気を阻害する。怒りはエネルギーを高めることで現状維持させようとし、悲しみはエネルギーを低くすることで現状維持させる。
怒りがあれば気を出せると思っているかもしれないがそうではない。気を無駄に使わせ、消耗させ、本来の目的を得ないようにする。つまり現状維持させる。
怒りも悲しみも、その他の大きな感情も、気をうまく扱うには不要だ。感情に流されるのは未熟の証拠でしかない。

前話: 【千式】気を合わせる 0051

次話: 【千式】気は成果を導くが 0053

トップに戻るボタン