自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】成果による自分殺し 0660


可能性を追い、未来を作るのなら、成果(つまり成功と幸せ)から離れなければならない。成果は何かで必ず生まれるがそれを予測や想定することはできない。できることは個別化された未来を生み出すには、「自分の場合これだけはパーツとして必要だ」というものを揃えることだけだ。

そこにトライしているとき、成果に長けている人や縛られている人が否定や忠告をしてくることがある。それを採用すると未来は死ぬ。
誰にも個別化された未来がある。人の機能として備わっている。それを成果によって使わないということは、自分を殺して生きているということになる。成果のために生まれてきたわけでも、生きているわけでもないということに気がつかなければならない。

月々3000円 会員サービス

トップに戻るボタン