自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】成果後の現象 0861

「出現する未来」「発生した現象」から事業を組み立てる。通常一度成果が出れば、ビジネス手法は営業、商品などこれまでの方法を守り強化する。だが、実際には商品が未来を作る。営業やマーケティングでは未来は作れない。
商品が全ての鍵を握る。どの商品が最も売れているか?を見てはならない。どの商品が最も(人)数支持されているか?を見てもならない。商品の成果が生み出す現象は何か?をよく見て、それを生み出している商品に力を入れる。研究開発機関を作り金を割く。

月々3000円 会員サービス

前話: 【千式】NASA 0860

次話: 【千式】本来の成功 0862

トップに戻るボタン