自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】扉の向こう側 0778

光源はチャンスではない。希望でもない。光源は次の世界への切り口であり、これまでの終わりと、これからのはじまりを隔てる臨界点になる。光源は割と多くあちこちに転がっている。再現と成果に注目すると決して見えないが、世界を変えようとしたときに現れる。
ただ、数多くある光源の扉の向こうが必ず素晴らしいとは限らない。光源の向こう側を見切る目が必要になる。革命を急いで全滅する地下組織はいくらでもある。白馬の王子様を求めて婚期を逃し年をとる人もいる。急いで失敗することの方が多いが、待ちすぎても失敗する。

月々3000円 会員サービス

前話: 【千式】自動の光源 0777

次話: 【千式】未来の準備 0779

トップに戻るボタン