自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】攻撃しなければならない 0058

気をうまく扱うことができ、気力が強いものは攻撃力がある。誰かを、何かを攻撃することができる。攻撃しなければ手に入らないものがある。攻撃でなければうまく人生を作れないものがある。守るためではなく、攻めるために攻撃をしなければならない。
でなければいざという時のためにだけ気力があり、普段は大きな気を使わずに終わる。
何を攻撃「するべきか」を知っており、攻撃の効能と慎重さを知っている者が気を扱うことができる者だ。

前話: 【千式】人の気持ち 0057

次話: 【千式】気を練る 0059

トップに戻るボタン