自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】教育変化の0歩目 0545


いくら環境が整っても、マジョリティの考えは強みはおろか、個性を生かすなどというところにはついてこない。ほとんどの場合で用意されたツールは宙に浮く。一部のアーリーアダプターがそれに手をつけて進むしかない。そのための0歩目として必要なことは強みの大人教育になる。
これは今後出現する未来になる。だが同時に一般的な自己啓発同様持ち上げられ、流行が去り、古臭いものになる可能性が高い。ビジネスのルート、メディアのルートに乗り、これまでの商材と同じく、これまでの通り撲滅される可能性が高い。
それを回避する方法はいくつかある。だが回避できることがイコール出現する未来になるとは限らない。

トップに戻るボタン