自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】時間を伸ばす 0056

気力を発揮できる時間を伸ばすことができる。気を維持する。惰性で何十年も出勤しているような生活に気力は発揮されていない。生きたまま死んでいるだけだ。
成し遂げると決めたことに対してそれができるまでやり続ける。その時間を延ばしたり、1度に成し遂げる数を増やせばそれだけ気力が必要になる。つまり、数ができるということは気力の維持ができるということになる。
粘り強く、諦めない自分を作ることができている。数ができないということは、気力を鍛えてこなかったというだけで十分軽蔑の対象になる。

前話: 【千式】褒美を遣わす 0055

次話: 【千式】人の気持ち 0057

トップに戻るボタン