自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】未来と歴史 0730

より多くの人に立ち返って構築するということは、マインド面ではどういうことを言っているのか?精神が弱い人を対象にする、ということだ。精神の弱い人が強くなれるための世界を用意する。妥協と諦め、依存の世界を出してもしょうがない。(だがそういうことはよくある)
また気力を十分に扱える世界にならなければならない。強みを生かし、自分を生かす行動のバリエーションが増え、より多くの評価と経済が集中するようになっていれば、人は自分が持つ気力の特徴を生かせるようになる。
それがいつも必ず標準値であり、世界構築になる。一旦世界が構築されたら、また数歩先駆ける者がいるのでそれを世界標準にし続ける。それが未来に取り組む者の姿勢で、歴史が作られる現実となっていく。

月々3000円 会員サービス

前話: 【千式】マインドの標準化 0729

次話: 【千式】ポジティブな逸脱 0731

トップに戻るボタン