自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】未来スケール 0736

未来はどこに出現させなければならないのか。世界構築は誰の世界構築なのか。大きければ、ナンバーワンならいいということにはならない。世界規模なのか日本人に対してか。フェイスブックのコミュニティに対してか、ネット世界に対してか。成功の基準で未来を図ることはできない。だが同時に、純正には「大きくすることはいいことだ」というプログラムが組み込まれている。
大きくするのは当然だとしても、大きさを成果にしてしまうと世界構築は失敗する。なされるべきサイズやスケールの未来を出現させる。個人の強みの強大さも関係ない。

月々3000円 会員サービス

前話: 【千式】2種類の方法 0735

次話: 【千式】革命はない 0737

トップに戻るボタン