自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】未来採用のスピード 0503


ということは、未来のスタンダードを生み出す現在のマイノリティは今、ほとんどの場合で多くの人に受け付けられない。あるいは多くの場合で積極的に拒絶される。将来採用されるかどうかに、優秀であるか、高機能であるか、革新的であるかは全く関係ない。意味をなさない。
採用されるものは、徐々に採用する人数が増えていくものにある。当然ジャンルによって異なる。技術分野は割と早く広まる。特に学術と連携しているものは広まりやすい。経済的なものがその次に広まり、政治的なものはかなり後に広まる。言語や文化など社会的なスタンダードは流行を除けば徐々にゆっくりと移行する。概念と制度はなかなか採用されない。
また、より多くの人に知らしめる行為によってスタンダードになることはほぼない。ビジネス的マーケティングや政治的プロパガンダの手法は概念と出現する未来にほぼ関係がない。

トップに戻るボタン