自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】標準値後の世界 0625


成功には達成されるべき目的がある。幸せには現状肯定する意味がある。出現する未来や可能性に長けている人は、目的と意味を放棄する。達成と肯定を無視する。最初は生み出せるものを生み出せるように生み出す。これで「生み出す」ということがわかるようになる。
人が関わってくると生み出せるものと生み出せないものが出てくる。自分の強みで生み出せるものもわかってくる。だがそこに特化すると自分の限定が起こり、成功と幸せの方向に自分を運ぶようになる。
自分の強みでは生み出せず、人の強みを使って新たに生み出せるものが何か?にトライする。そうするとその中でも生み出せるものと生み出せないものがあることがわかる。この、人の力と共同して生み出せるものが出現する未来であり、標準値後の世界になる。

トップに戻るボタン