自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】気が美しい「気品」 0079

気(力)が研ぎ澄まされると美しくなる。何事も完璧に近づくと美しくなる。気は美しくなると気品になる。気品がある人は、その人を見れば誰でもわかる。行動や成果でそう思うのではない。初見で直感的にわかる。
気品のない人は気力をサボっていることの証明であり、適当に自分を生きている証左になる。下品な者に至っては気が乱れまくり、何か黒いオーラのようなものを感じる。
気品があるものは人としてすぐに信頼できる。特に気力を使う物事に対しては何の心配もない。

前話: 【千式】無駄な努力はとても美しくない 0078

次話: 【千式】心が美しい「品格」 0080

トップに戻るボタン