自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】気の存在理解 0470

気のつながりが合う理解というのは、存在軸に従って最大の成果を目指すことの理解になる。存在軸に従ってできてしまう強みを使い、最大成果を出し、それを存在系の強みに統合する一連の流れに役立つ。その流れに力を貸したり、気を同調させて有利に進めたりしてくれる。
気の存在理解は物事をスムーズに進めさせる。自分の気を理解者が調整してくれたり、引き戻したりする。効率化してくれたり、効果を高めてくれる。あるいは休む時間を用意してくれる。気の存在理解が自分の存在の濃さを強化する。
そういう人がいなければ自分で進めるしかないが、当然歩みは遅く色合いは薄くなる。

前話: 【千式】心の存在理解 0469

次話: 【千式】愛する者 0471

トップに戻るボタン