自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】気の実践 0039

作法の手順を守ることができるようになったら、自分の日常の身の回りのことに気を発揮する。歯磨き、ご飯の食べ方、歩き方、くつろぎ方、体の洗い方、車の降り方、服の選び方、生活に通じるすべてに気を行き通らせる。
これがすでにできている人は気の扱いがかなりうまい。脱ぎ散らかす、雑に物を置く、逆に作法通りにしか物事ができない、というようなのは気の扱いが悪い。漫然と生きていると言っていい。漫然で雑な生き方をしている人に魅力はない。

前話: 【千式】作法を守る 0038

次話: 【千式】行動の選択と結果を得る 0040

トップに戻るボタン