自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】気を使う 0032

気を使うでも、気を遣うでもいいが、どちらも「気」をうまく扱うことを指している。気遣いができない者が多い。うまく行く気がない。気が散漫で、意識するべきを無視し、どうでもいいことに気を垂れ流している。気の浪費をし、本来なされるべきことは手を抜く。
自分を生かす気もなければ、生き方を正す気もない。ふと気が付いたときに「やらねば」と思う。そんな日は来ない。やらない。ただエネルギーの無駄遣いをしている。
気がつかない。空気が読めない。もはや生きてる意味がない。もっと大きなものに漫然と生かされているだけだ。死んでくれても誰も困らない。

前話: 【千式】気合は必要ない 0031

次話: 【千式】気の無駄遣い 0033

トップに戻るボタン