自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】気を張り巡らせる 0034

気を張り巡らせる。不要なものはシャットアウトする。必要なものに気を注ぐ。誰かのコップに水がないことに気がつき店員を呼ぶ、顔色が不安げで目が数カ所を見るなら声をかける、アンテナのように八方にめぐらせ、どこに必要か必要ないか、対応するかまだしないかをコントロールできるようにする必要がある。
気の張り巡らせには訓練がいる。普段から散漫でぼーっとしている人に気遣いはできない。

前話: 【千式】気の無駄遣い 0033

次話: 【千式】気力は生きる行動 0035

トップに戻るボタン