自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】気を配る 0043

気配りできる人は魅力がある。好かれ愛される。気を一点に集める集中とは違い、散漫にちょっとずつ使う。目の前に人がいると分かりやすいが、普段から自分の周囲の大切な人、こと、を少しずつ思い出す。街に出て何かを見れば、あの人に必要かどうかを思い出す。本を読んだらこの情報をあの人に伝えるかどうか思い出す。ちょっとずつ、しかし必ずその人(もの)のことを思い出す。そして必要なら必ず行動する。

反応を期待してやるのは気配りではない。ただの自我だ。行動が同じでも自我は軽蔑に値する。

前話: 【千式】気を集中する 0042

次話: 【千式】自己中はシネ 0044

トップに戻るボタン