自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】気を集中する 0042

人は得意なものなら自動的に集中できる。だがその場合でも気を一点に向け、他の無駄を一切排除している。気をそのように使う訓練をすることで集中力を高めることはできる。これをやっていない者は漫然と人生を生きているという意味でいざという時に頼りにならない。
気を一点に向けるには感覚を排除する。目視できる物事なら音が消え、匂いがなくなり、暑い寒いを感じなくなり、対象物以外が見えなくなる。脳もそれに従って考える。聞くなら目をつむる。他は同じ状態になる。

前話: 【千式】気迫 0041

次話: 【千式】気を配る 0043

トップに戻るボタン