自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】気力が強い弱い 0048

気力は体力を動かす。つまり行動によって現実を創る。何もしなけば何も生まれない。何かをさせるのが気力になる。気力が強いというのは、気迫や気配り、気遣いなどができるということで、外の世界で現実に対応して自分をうまく運ぶことができる。弱ければ現実に負け自分をうまく運べない。そんなのは人として尊敬できない。
現実の積み重ねが人生になるので気力は人生を創る。気が強い弱いは、直接人生思い通り、そうではないを左右する。

前話: 【千式】合気 0047

次話: 【千式】気が強いが・・・ 0049

トップに戻るボタン