自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】決まってきた特徴 0725

未来を作ることにトライしているなら、それは世界が作られることにトライしている。成果ではない。どのような世界が作られるかの全てをコントロールすることはできない。だが偶然や自己組織化を含めてトライする。
数歩下がって全体を底上げしてもそれは活動の活発化であって、世界構築になっていないことがある。マネジメントは回すために構築する。だが未来を作る者は世界が構築されるように回す必要がある。だから収益や満足度に捕らわれてはならない。同時に終息するような理想論を追いかけてもならない。
活動の「決まってきた特徴」を吟味して伸ばし、方向付けしなければならない。

月々3000円 会員サービス

前話: 【千式】数歩下がる 0724

次話: 【千式】1歩目2歩目 0726

トップに戻るボタン