自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】無意味 0922

彼氏とうまくいっていれば営業成績が上がり、うまくいってなければ成績が下がる子がいた。下がっているときに話を聞き、慰め、時間を多く取った。成績はいつも上がらなかった。
自分の意見をいい、会社を良くしようとし、間違っていることを正そうとする人もいた。いつも対立していた。強制しても、その子のいうとおりにしても望ましくうまい成果にはならなかった。その子が思い通りにやりたいようにできただけだった。

前話: 【千式】使い物 0921

次話: 【千式】成果に焦点 0923

トップに戻るボタン