自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】父の系譜 0323

父は母より7歳年下で、大阪の病院で盲腸で入院していたとき、母と知り合った。
島根で生まれ3歳のときおぼろげに原爆のキノコ雲を見た記憶がある、広島からどんどん人が流れてきた記憶もあると言っていた。若い頃は少し易者をやっていたこともあるようだが、オレの記憶では広告代理店でサラリーマンをやっていた。中学に上がる頃から台湾とタイに行きはじめ、どういう経緯かはわからないが高校に入る頃にバンコクで独立して家に帰ってこなくなった。
母親との仲は幼少時から悪かったので帰ってこないこと自体は当然だと思っていた。

前話: 【千式】母の系譜 0322

次話: 【千式】松原家 0324

トップに戻るボタン