自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】理念ではない 0855

「発生した現象」が事業の【標準値】になる。ここによく間違いがある。「理念」は標準値にはならない。決定条件にもならない。事業存続の理由にもならない。事業はここからはじまる。それまでは事業の制約条件を満たすための準備期間でしかない。
理念が経営者の思い込みであり、ほとんどの場合で現実に即していないのに対して、発生した現象はすでに現実でありその事業があったからこそそうなったものだ。事業はそれを伸ばす必要がある。伸ばすには発生した現象の拡張、応用がある。どちらの場合も収益活動の考え方とは一線を画す。

月々3000円 会員サービス

前話: 【千式】一様な状態 0854

次話: 【千式】社外取締役 0856

トップに戻るボタン