自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】理解しながら成果を出す 0146

理解はただの内的作業でしかない。精神力に大きな影響があるとしても何も生み出しはしない。だから人は理解しながら相手に自分がどのように役立てるか、自分を使う必要がある。自分の気力を使う。成果を出す。
オレにどのような貢献ができるかもっと自分の活かし方を考える。それをやりながら理解を深める。成果の関係しか築けないならそれは利害関係でしかない。心は通わない。理解だけを示し、成果の関係がないならいずれ関係は終わる。内面だけで維持できる関係はない。

つまり、自分ができることは散々提供し、かつオレを理解する取り組みをしなければならない。

前話: 【千式】超理解は時間がかかる 0145

次話: 【千式】理解の先の理解 0147

トップに戻るボタン