自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】理解度で人を切る 0139

理解されることは当然の権利でなくてはならない。理解されるための努力というものもある。少なくとも、自分を理解するつもりがない、程度が浅い、正しく理解しない、という人を切らなければならない。理解しあえない人と付き合っているということは、理解を不要としていることに等しい。
同じように、自分が正しい理解を示したときにそれを受け入れない人と関係を続けてはならない。
理解は人数の問題ではない。正しく理解できる人が周囲に一人もいないうちは、誰とも親しくならなくて良い。自分が人を理解できるよう磨けばいい。心を強くするチャンスだと思ったほうがいい。

前話: 【千式】相手の理解力を見る 0138

次話: 【千式】理解「なされなければならない」 0140

トップに戻るボタン