自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】生活に美を求める 0065

人は誰もが目の前の現実から外の世界に触れる。その最も重要で時間の多いものが生活になる。美しい人は必ず生活が美しい。そうでなけば成り立たない。生活はぐちゃぐちゃで、自分は美しいということはありえない。

家が仕事が、道具が、立ち振る舞いが雑な者は人間も醜悪だ。細ければいいのではない。美しくなければならない。行いが、結果が、反応が、外見が、内面が、美しくなければ半端者でしかない。行動しているから、結果を出しているのだから、反応がいいから、外見を整えているから、内省しているのだから「いいじゃないか!」というのは愚者の言い分だ

前話: 【千式】美しい人とは 0064

次話: 【千式】完璧は完美 0066

トップに戻るボタン