自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】男の戦い 0589


なんかな。男といえば正面からの戦いやねん。協調する男が多すぎる。なんなら負け癖がつき、逃げる男も多すぎる。戦いたい男ではなく、戦うべきときに全身全霊で立ち向かう男。で、それはいざという時にはやる・・・ではなく、戦うべきフィールドを探し続けるのが男ってもんちゃうかな。
いざとなったら強いで、準備もしてるで、でも普段は戦わへんで、戦わない幸せもあるねんで、幸せを満喫できる時代やで、なんていう素晴らしい毎日なんだ・・・という堕落が、オレは多くの男にあると思う。

トップに戻るボタン