自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】発生した現象 0853

ほとんどの場合で事業がそうなるまでに収益体制に力を入れている。そして「収益体制をうまく運ぶために」すべてのしくみが組まれており、マネジメントもその体制を回すために作られてきた。これは間違いではないが、マーケットサイズや商品特性からこれ以上の発展は望めない。
さて、収益体制は事業にとって「制約条件」になる。これがなければやっていけないが、これがあっても決定的な意味を見つけることはできないというものが制約条件だ。これまで事業を進めてきて、手の届かないところで「発生した現象」が何なのか?を知らなければならない。それが事業が生み出してきた本来の意味になる。「未来を出現させた」ことになる。

月々3000円 会員サービス

前話: 【千式】見えない天井 0852

次話: 【千式】一様な状態 0854

トップに戻るボタン