自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】目の前 0248

目の前の軽視は本当によくあるが実に救い難い。目の前の仕事ではなくその後の仕事のことを考える。目の前のレジャーではなく、レジャー後の晩飯を考える。今質問したことだけではなく、その後のこと、その質問から派生すること、やばいことに先手を打つ。目の前のことを軽視して、その後のことや恐れを重視する。何も信用できない。
目の前で言っていることはそのまま聞く。分かりやすく変換してしまえばもう目の前は目の前でなくなる。
頭がよければ将来から割り振りを決める。割り振りによる目の前は目の前ではない。目の前は何かにつながっていなければならないと思われている。
実際には自分の思い通りにはつながらない。目の前の連続のつながりが想像できない未来を生み出す。目の前を軽視するものは軽い未来になる。そんなのは信頼できない。

前話: 【千式】オレが勧めるもの 0247

次話: 【千式】どちらかを選ぶ 0249

トップに戻るボタン