自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】相手の理解力を見る 0138

自分への相手の理解力が大事だ。人は自分の見たいように見る。勝手にこんな人だと決めつける。そういうのは論外で相手にするまでもない。
正しく理解しようとしても、相手の心が弱く、気が使えず、学び(経験)の量が少なければ、うまくは理解することができない。正しく理解できる経験値の高い人でも、自分のことを理解するのに強い分野と弱い分野がある。例えば仕事では理解してもらっているが、家庭は別の人と築いているのでさっぱり理解の対象にならない、ということがある。

どのような場合でも自分そのものに対する理解が100%に近い人を見なければならないし、誰もが100%に至るのは難しいので「いつも100%を知ろうとしている」人とより接さなくてはならない。

前話: 【千式】自分を理解させる 0137

次話: 【千式】理解度で人を切る 0139

トップに戻るボタン