自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】相手を選ぶ基準の変化 0528


まだ、自分の人生に必要な相手を選ぶというと、それは「自己中心的なワガママを相手に押し付ける」ことだという誤解があると思う。自分を通せば相手は合わせなくては(またはその逆)ならないという思い込みがある。
この考え方は家族と家庭が結婚と同位置に考えられていたときにはあった。今もある。だが(それぞれを分離しないまでも)分けて考えることができる習慣がつくと、少なくとも結婚において何が最も考えるべき大切なことかがわかるようになる。
それが自分と結婚の軸になり(人生から派生する結婚の軸になり)、軸が明確であればあるほと、人はそれを外から見てどういう相手であるかきっぱり判断できるようになる。ステータスや外見、アピールで相手を選ばなくて済むようになる。それが結婚の関係をより強固なものにする。つまり適切なマッチングの前提が整うことで、自己中の押し付けはむしろ少なくなる。

トップに戻るボタン