自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】盾となり矛となる 0264

少なくともわかっていることは、誰にとっても心の真実に従うのであれば自分の最も大切な者は体を張って守るのだということだ。盾になり、矢面に立ち、命を使って大切な人を守る。これが基本になるが、十分ではない。
誰と何によって結びつき、そして進むのか?心の真実は誰と何に進むのか?を渇望している。そもそもしょぼい人もいるかもしれない。それでも例えば家庭を築こうとするだろう。自分の真実を探れば探るほど、生きることに血を注いで心の真実を誰かと共に歩み、共に生き切ることに心血を注ぐ。

前話: 【千式】真実が最も強い 0263

次話: 【千式】心の真実は善いことではない 0265

トップに戻るボタン