自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】社外取締役 0856

組織をさらに伸ばすのに、社外取締役を入れる。外部の監査機関だと思っていい。特に「発生した現象」を客観的に追ってもらい、トップ主導の組織方向を、「発生した現象」主体の方向に切り替える。
社外取締役にはトップとしての方向性を見切る目を持った人材が必要で、しかも権力構造とその扱いを知っていなければならない。マーケッターにこのポジションは務まらない。外部のコンサルタントであってもならない。内部の取締役でありながら、客観視点で物事を見て進め、事業に貢献する者がふさわしい。

月々3000円 会員サービス

前話: 【千式】理念ではない 0855

次話: 【千式】クリエイティブ・ディレクター 0857

トップに戻るボタン