自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】神様教育 0849

神様の世界のあり方を人間の側がもっとうまく使えるように教えていかなければならない。人間の世界のあり方を犬がもっとうまく使えるように教えていく、というようなものだ。
長期のことを汲み取り、広い心で進めることに神様は長けている。ピンチを救うことよりも縁をつなぐことの方が長けている。なら、短期のことと中期のことを具体的に伝え、許しによって接してもらうことと厳しさによって接してもらうことを正しく伝える。自分のことだけではなく、人間に対してそのような接し方が必要であると知らせる。
欲求と利益ベースの縁のつなぎが必ずしも自分をうまく運ぶとは限らない。だが人は流される。だからそこを流されない守護霊の意図を汲み取る必要も伝える。なんでも背中を押そうとする先祖のあり方も注意深く知る必要があることを伝える。

月々3000円 会員サービス

前話: 【千式】指示する 0848

次話: 【千式】相互理解 0850

トップに戻るボタン