自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】精鋭は切り離して使う 0186

仕事はどのような場合もほとんどがルーティンになる。精鋭部隊が行う手立てもほとんどがルーティンになる。質が高すぎるものが安定的に供給されたりするようになる。
ところが精鋭のルーティンは通常のルーティンには馴染めない、ということが起こる。質が全然違う。その上質な異質をどのように扱うか?ということがTOPの次の課題になる。精鋭を基準に通常のものを引き上げることはできない。通常が基準でなくてはならない。その中で上質の異質は別の働きをしなくてはならない。
精鋭は通常と切り離さなくてはならない。

前話: 【千式】精鋭の作り方 0185

次話: 【千式】君臨交代する 0187

トップに戻るボタン