自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】純性ではない可能性 0309

オレは人、それも個人の可能性を考えてしまう。もっと高く羽ばたけるのではないか?と思ってしまう。それ自体全体性のプログラム通りかもしれない。だからそのプログラムを超えることが最大の「可能性」ではないか?と思ってしまう。
だが実際には、全体性の速度を早め、もっとスムーズに進めることをやっているのだと思う。少なくとも自分と自分の周囲にはそれをやっている。結局は枠組みの中のできごとなのか。それがいいとも悪いとも言わないが、そうやって生きていき、子孫も組み込まれ、転生してもまた別の役割でそれをやるのか?
そのことに不満があるわけではないが、純性ではない生き方はないものか?と探ってしまう。

前話: 【千式】別の全体性に影響する 0308

次話: 【千式】虚しさ 0310

トップに戻るボタン