自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】組織と結婚は同じ 0638


今これを書いているこの時点で、ここまで書いてきたことを理解し協力する人が必要だ。成功に長けている人や幸せに長けている人はいる。強みを使って成果を出しながら共同したがらない人もいる。共同したいとしても組織に貢献まではしない人はたくさんいる。
「結婚の未来」がつまりは自分が自分の人生を、この人といるために伸ばすことができる目的であったように、強みを生かす組織もその目的で人が集まる必要がある。それがわかっていなければ共に歩めないだろうし(結婚と同じ)、自分に落とし込めなければ他人が自分にどう貢献できるかもわからない。わからなければいずれ破綻する。

トップに戻るボタン