自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【千式】結婚の協力 0530


良い結婚は、今も昔も、そして出現する未来でも、結婚してからのことにかかっている。結婚前に良い結婚を手にすることはできない。そして良い結婚は自分の人生がどのようなものかを想定し、そこに必要な人に身近に存在してもらうことからはじまる。相手も同じ。
その相手が自分に何ができるか、相手も自分に何を求めてくるか。お互い協力し合う。お互いの人生に不可欠な存在となる。愛し合うとか尊厳を守るとかいうのは土台でしかない。そういうことが当たり前に築かれているその上に、自分の人生上ひとりでは無理だった何かをふたりで築く必要がある。
それは家族や家庭でもあるが、それも土台でしかなく、お互いがいち人間として築きあげるために必要なものを築きあげる。そのための協力が結婚生活を左右する。家族の協力や家庭の協力と混同すると、気づかないうちに結婚は地に堕ちる。

トップに戻るボタン